ピーターパンの冒険

 

ピーター・パンの冒険 (新潮文庫)

ピーター・パンの冒険 (新潮文庫)

 

 ウェンディもフック船長も出てこないピーターパンの話。

書店で表紙のかわいらしさについ手に取ってみた。

「みなさんに聞いてもらいたい・・・」児童文学特有の問いかけで始まる物語に、

一気に引き込まれる。

 

人間にも妖精にもなれないドッチツカズになってしまったピーターに、

なんだかわが身を重ね合わせて苦笑い。

私もいろんな意味で落第生だ。

 

遠い昔に読んだのでなんだかすっかり忘れていたけれど

この本の重要なエピソード。

それは、ピーターがお母さんに会いに行くというところ。

妖精舞踏会で笛を演奏したピーターは、妖精の女王に願いを叶えてあげるといわれる。

そこでピーターは願い事を2つ叶えてほしいという。

 

1つはお母さんに会いに行く事。

部屋の窓は空いていた。それはいつでもピーターが戻ってこれるように。

お母さんの寝顔は涙で濡れていた。

生まれて7日目でいなくなってしまったピーターを思い、毎晩泣きながら寝ている。

でもピーターはそっと部屋を出てくる。

何故か・・・。

お母さんの寝顔を見たら、笑顔が見たいと思わなかったのか。

お話してみたいと思わなかったのか。

お話を聞いてもらいたいと思わなかったのか。

 そこにはピーターならではの考えがある。

 

そして二つ目の願い事とは。

ピーターはなぜ願い事は2つといったのか。

賢いようで、愚かしい。

楽しいけれど哀しくて、寂しいけれど美しいお話。

 

 キスのエピソードもそう、切ない。

キスを上げるといわれたピーターは「ありがとう」といって両手を開く。

何かをもらえると思ったから。

赤ちゃんは周りの大人たちから、キスをしまくられて子どもになっていくのに

ピーターはキスが何かは知らない、あるいは忘れた。

かわいそうなピーター。

おばかさんのピーター。

 

 

ネバーランド [DVD]

ネバーランド [DVD]

 

 読了後、ジョニー・デップ主演の『ネバーランド』を観た。

何度も泣いてしまった。

このジョニー・デップはほんとにいい。

情熱を抑えて、すこしおびえたように周りを見回す瞳、その佇まいがとてもいい。

紳士なんだけど、どこか幼い子どものようだ。

あとがきにあった「・・・・家」の子どもたちのその後が

悲しくかった。

  

ピーター・パンとウェンディ (新潮文庫)

ピーター・パンとウェンディ (新潮文庫)

 

こちらはお馴染みのピーターパン。

フック船長も出てくる。

第17章 大人になったウェンディが出てくる。

 

 

ピーター・パンとウェンディ (福音館古典童話シリーズ)

ピーター・パンとウェンディ (福音館古典童話シリーズ)

 

 ふと、家の本棚を探してみたら出てきた。

石井桃子さん翻訳。

読み比べると、その時代の空気もなんとなく感じられる。